Paraglider Pikaichi

空を飛ぶ趣味を「パラグライダー」で叶えたPikaichiと仲間のサイトです

2018北陸リージョナルリーグ獅子吼ステージ

time 2018/06/04

2018北陸リージョナルリーグ獅子吼ステージ

2018年の北陸リージョナルリーグ第1戦は獅子吼から。

開催予定の6月2日(土)と3日(日)は2日間とも好天予報。ただ、今年から日程は2日間なのですが、1本成立した時点で終了するルールとなっているため土曜日に成立した場合日曜日の開催はありません。

sponsored link

大会レポート

参加選手は19名。ほとんどが地元や近隣の方々でしたが、中には遠く広島、岡山からもお越し頂いて感謝です。

9時から大会(実際には練習会と言うイメージ)受付とビジター受付(エリア入山は各自通常のビジター手続きをしてもらいます)を済ませ、ゴンドラが動く10時にはテイクオフへ。

テイクオフでは簡単にコンセプトやルールを説明。あくまで選手主体で行われる競技会(練習会)と言うイメージなので、競技中の無線使用はもちろんOK。選手間のアドバイスもOKとしました。しかし、実際に競技が始まると、誰も無線で話す人はいないんですけどね(笑)。

タスクは予め用意しておいた3つから、コンディションがそこそこ良さそうなので一番長い17Kmタスクを選びました。

実はこれ、2015年のデサントバードマンカップのチャレンジリーグで行われたタスクなんですよね。それをそのままパクりました。

ウィンドウオープンは11時30分。一斉スタートは12時30分です。テイクオフも何もかも選手自身で行っていただきます。

飛んでみればコンディションは上々。私はスタート前に900m程度まで上昇しましたが、この日は最高1200mくらいまで上がったそうです。まぁ、このタスクならばそんな高度は全く不要で、テイクオフ+200mもあれば十分です。事前にコース上の上昇具合を確認したり、TPのシリンダー位置を確認しながらスタート時間を待ちます。

練習会的なイメージなのでスタート時間には無線でアナウンスし、コース上のコンディションなどもアドバイスしながら飛びますが、やはりレースとなるとみなさん真剣。誰も私の無線に応えてくれる方はおらず、黙々と?タスクをこなす・・・と言った感じでした。

所々で突き上げるようなサーマルの上がる「少し獅子吼らしくない」コンディションでもありましたが、みなさん楽しく飛べたようです。19名参加の中で11名がゴールとリージョナルリーグとしても上々の出来だったと思います。選手のみなさん、お疲れ様でした。

参加選手の中島さん、渡部さんがfacebookで動画をアップしておられます。(投稿者のプライバシー設定によっては見られない方もいるかもしれません)

中島さんの動画

渡部さんの動画

結果

総合の部

優 勝:北口  勉 Gin-Carrera

準優勝:藤野 光一 Gin-Boomerang GTO

第3位:山崎  勉 Gin-CarreraPlus

女子の部

優 勝:泉屋 陽子 Gin-Carrera

※2名のため1名のみ表彰

チャレンジの部

優 勝:渡部  祥 Nova-Mentor5Light

準優勝:東   直 Nova-Mentor4

第3位:中村 裕昭 Niviuk-Artik3

※競技終了直後のリザルトで表彰しています

リザルト

総合の部

女子の部

チャレンジの部

競技終了直後のリザルト(表彰に用いたリザルト)

入賞された皆さん、おめでとうございます。スカイ獅子吼の松原さん、ありがとうございました。北陸リージョナルリーグは競技力を向上させたい方の競技会にしたいと思っていますので、ぜひ、次回も参加いただければと思います。次回は福井県のスキージャム勝山での開催です。7月21日・22日です。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

名前:Pikaichi

名前:Pikaichi

1992年にパラグライダーを始めて20年以上飛んでいます。 立山エリアをベースに、「Tateyama Team-C」のメンバーと共に全国の競技会に出かけています。

おすすめコンテンツ

保存版コンテンツ

立山山麓の今

カテゴリー

カウンター

  • 154098総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 79588総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


sponsored link