パラグライダー回顧録(2.私の講習生時代)